ふわゆるナチュ暮らし

ふわっとゆるっとナチュラルな暮らしの情報発信ブログ。

このブログについて

f:id:fy-natule:20181113123200j:plain

 

暮らしには「ハレ」と「ケ」があります。

「ハレ」の日は特別な日で、私たちの暮らしはほぼ「ケ」の日からできています。

暮らしの中心は、毎日の衣食住を整えること。「ケ」の日々です。

 

ご飯を作ったり、掃除、洗濯してかたづけて…。

 

これらの作業を淡々とこなしていくわけです。

 

このなんでもない作業は「家事」という名前で、だいたい女の人に「おしつけられて」いるように私は感じてきました。

 

実家では母が、そして物心つくと私や妹が担ってきました。

 

結婚すればもちろん、女である私が主体に行ってききましたし、子どもが産まれるとそれはそれは毎日まいにち、家事が途切れることがありません。

 

だんなさんは、あくまでも「お手伝い」という感覚でした。

 

そういう中で、いつしか「家事」は「雑事」という楽しくない分野になっていました。

 

その見方が少し、変わったことがあります。

 

とても尊敬していた方と、亡くなる直前にお会いする機会がありました。

 

その時、家事についてこうお話してくださいました。

 

「雑用と思えば、暮らしが雑になるでしょ。
私は、家事を丁寧にすることで、毎日を丁寧に生きれると思うのよ。」

 

洗濯物をたたむときのタオルの感触も感じ、家事ができることに喜びを感じる、というようなことをおっしゃっていたように記憶しています。

 

ご自分がそう長くないと知っているからこそ、丁寧に過ごしたいと思われての言葉だったので、心に響きました。

 

連綿と続くように感じて圧倒されて、「雑」にしていたけれど、その方は限られたこの世の時間のなかで、家事ができる喜びについて話してくださったのでした。

 

だからといって、その瞬間を境に私がきっちりかっきり丁寧な暮らしができるわけは、ありません。

 

だけれども、家のことをもう少し違うように考えられるようになりました。

 

このブログでは、

 

この現代の暮らしの中で、

「できるだけナチュラルに暮らしたい。和の暮らしを、今、この現代だから楽しめることがあるのでは?」ということを私自身が実践していく記録にしようと思います。


とりわけ、その実験はお台所から発信することが多いのではないかと思います。

 

そうそう堅苦しくなく、普段のくらしをちょっと丁寧に送ったり、日々のくらしのちょっとしたヒントになるアイディアを紹介できたらと思います。